日本でもおなじみの「ペペロンチーノ」は、イタリア語で「唐辛子」のことです。

チーズ、ハム、ピザ…カラブリア風と名がつけば唐辛子入りを示します。
また、レストランで塩こしょうに加え、生唐辛子のオイル漬けが普通に
テーブルに置かれていますし、サラダにまで唐辛子を刻んで入れるので
本当にイタリア料理かと驚いてしまいます。

今回は日本でも人気がある「食べるラー油(イタリア版)」をご紹介したいと思います。
パン、魚、冷奴、ひとかけすればイタリアンな気分になります。

【材料(作りやすい分量)】

  • プチトマト:4粒
  • 唐辛子:3本
  • 玉ねぎ:1/8玉
  • にんにく:1かけ
  • マッシュルーム:4個
  • オリーブの実:6粒
  • 松の実:大さじ1
  • 塩小さじ:1/4
  • オリーブ油

【作り方】

  1. プチトマトは1個を8等分に切る。唐辛子は種を除いてみじん切り、玉ねぎ、にんにく、マッシュルーム、オリーブの実もみじん切りにする。
  2. 小鍋にオリーブ油大さじ3、玉ねぎ、にんにくを入れて弱火にかける。玉ねぎが透明になってきたらすべての材料を加え、木べらで混ぜながら10分ほど炒める。プチトマトが煮くずれてなくなり、油が分離してきたら火を止める。
  3. 粗熱が取れたら瓶に入れ、表面が空気に触れないようオリーブ油適量を注ぐ。

以上となります。量や大きさなど自己流でアレンジしてみて下さい。

※こちらのレシピはイタリア的日常ごはん 様より掲載させていただきました。