唐辛子粉

今回は簡単に唐辛子粉を使える料理をご紹介します。

続きを読む

みなさん、唐辛子粉というとどんな使い方をするか想像できますか?

多くの方がキムチを想像するのではないでしょうか?

しかし、唐辛子粉にはもっと色々な使い方があるのです!

続きを読む »

今回は七味唐辛子の起源についてお話します。

七味唐辛子の起源(由来)は唐辛子を主原料とし、
七種類の香辛料を混ぜて作られることからその名があります。

必ずしも同じ原料・七種類の原料で作られるとは限らないのが面白い所です。
でも唐辛子は必ず入っています。

原料構成の一例は…
ケシの実、麻の実、胡麻、山椒、陳皮、紫蘇、生姜、その他色々と入っております。
勿論、唐辛子の種類や辛さも様々です。

その為、各メーカーで味に大きく差があります。

今回はそんな七味唐辛子に合う食べ物を紹介します。

  1. うどん
  2. そば
  3. 牛丼
  4. アタリメ(私的におすすめ)
  5. 焼き鳥

うどんの友といえる七味唐辛子には秘密があります。
国産の物には麻の実が入っているのはご存知でしょうか。
ご存知の方はぜひ海外に行かれた際に日本食レストランで七味唐辛子を見てくさい。
七味唐辛子に麻の実が入っていないのです(日本の同一ブランドで比較)。
日本と海外の違いが非常に面白く出ています。

唐辛子粉.comで販売している唐辛子粉のカプサイシン含有量は下記の通りです。

商品名 産地 辛味 カプサイシン g/100g
【01】唐辛子粉韓国種・中粗(1kg)
中国 甘口 0.04g前後
【02】唐辛子粉韓国種・微粉(1kg) 中国 甘口 0.04g前後
【03】唐辛子粉益都・大粗(1kg) 中国 普通 0.07g前後
【04】唐辛子粉益都・中粗(1kg) 中国 普通 0.07g前後
【05】唐辛子粉益都・微粉(1kg) 中国 普通 0.07g前後
【06】唐辛子粉ブレンド・中粗(1kg) 中国 普通 0.07g前後
【07】唐辛子粉ブレンド・微粉(1kg) 中国 普通 0.07g前後
【08】唐辛子粉辛口(1kg) 中国 辛口 0.1g前後
【09】唐辛子粉甘口・中粗(1kg) 中国 甘口 0.04g前後
【10】唐辛子粉甘口・微粉(1kg) 中国 甘口 0.04g前後
【11】唐辛子粉甘口・中粗【韓国産】(1kg) 韓国 甘口 0.04g前後
【12】唐辛子粉甘口・微粉【韓国産】(1kg) 韓国 甘口 0.04g前後
【13】唐辛子粉天鷹・一味(1kg) 中国 激辛 0.25g前後

一般的なキムチ用唐辛子粉はカプサイシン0.06g~0.07と言われております。
辛い物が苦手な方はカプサイシンが0.04g前後の唐辛子粉を、
甘いものが苦手で辛口が好きな方はカプサイシンが0.1g前後の唐辛子粉を、
さらに激辛好きな方は唐辛子粉天鷹・一味(1kg)をお勧めしております。

ぜひ一度お試しください。

唐辛子は非常に古くから愛されている食品の一つです。

歴史はというと中央アメリカ・南アメリカでは紀元前7000年頃から食べられていて、
紀元前5000年頃には栽培も始まっていたそうです。

今では世界各国でなくてはならない食材ですが、これを広めたのがコロンブスと言われています。
唐辛子は辛い品種と辛くない品種に分かれ、食べられる品種の中で辛いと有名な唐辛子がハバネロになります。
勿論改良されたとんでもなく辛い唐辛子もあります(ブート・ジョロキアなど)。

また、甘い品種の例はピーマン、パプリカとなります。
一般的に唐辛子の辛さ表現はスコヴィル単位と言う聞きなれない数値で表します。
このブログには良くキムチ原料としての質問が多いので解りやすくキムチ限定で表現させていただきます。
カプサイシンでの説明が解りやすいと思うので、この含有量で表現させていただきます。
(カプサイシン 何g/100g)

  1. 激辛キムチを作りたい方…カプサイシンが0.25gの唐辛子粉
  2. 辛いキムチを作りたい方…カプサイシンが0.1gの唐辛子粉
  3. 普通のキムチを作りたい…はカプサイシンが0.07gの唐辛子粉
  4. 甘いキムチを作りたい方…カプサイシンが0.04gの唐辛子粉

この様な辛さ加減が日本国内の標準と思いますので、皆さん色々試してください。

唐辛子粉.comでも唐辛子粉を豊富に取り揃えておりますので、ぜひご利用ください。
>>唐辛子粉商品一覧ページはこちら

唐辛子粉には辛味成分としてカプサイシンが多く含まれていますが、
このカプサイシンには健康効果もあることをご存知ですか?
なんとなく辛いと汗をかくため健康になる…というイメージもあるという方もいらっしゃると思います。
それではカプサイシンの健康効果について詳しくご説明したいと思います。

その1.脂肪燃焼

まずは“脂肪燃焼”です。
体内の脂肪を燃焼するため、マイナスカロリー効果があるといわれています。

美容効果

次に美肌効果。
唐辛子には大量のビタミンCが含まれており、日焼けによるシミ、そしてシワや皮膚にいいのです。

病気対策

唐辛子粉に含まれるカプサイシンは、
病気防止に役立つという説があるそうです。

例えば「食べ物の焦げ」や「たばこの煙」に含まれる物質が、
発ガン性のある物質に変わることを阻止する酵素としてのはたらきがあるといわれています。

様々な説がありますが、文頭でご説明させていただいた通り、^
なんとなく辛いと汗をかくため健康になる…というのもうなずけます。
ぜひ一度、唐辛子粉を利用した料理にチャレンジしてみてください。

皆さんは甘党ですか?それとも辛党ですか?
私はどちらかというと甘党なのですが、冬になるとキムチ鍋・ラーメンなど辛いのもが食べたくなります。
そこで今回は辛味成分についてお話します。

辛味は日本では甘味・酸味・苦味・塩味と並ぶ5つの味(五味)のひとつとして捉えられていて、
社会通念上辛味は重要な味覚のひとつとして取り上げられています。

辛味成分の主なものは「カプサイシン」と「ジヒドロカプサイシン」といわれるもので、
辛味成分の約80~90%を占めているといわれています。

残りは10数種に及ぶ、微量のカプサイシンの類似物質となります。
そこで簡単に主な辛味成分の種類と特徴をまとめてみました。

成分 辛味成分が
含まれる主な植物
特徴
カプサイシン  トウガラシ 強い辛味を有り、アドレナリンの分泌を促進して代謝亢進作用、食事性体熱生産作用、発汗作用などを示し、他に強い抗菌、駆虫作用、防腐作用など
ピペリン コショウ コショウの辛味として知られるピペリンは、抗菌作用、防腐作用などあります。また、カレー粉の辛味であるインド産ヒハツも、同じの辛味成分を含んでいる
サンショオール サンショウ 局所麻酔作用や殺虫作用、魚毒作用など
スピラントール ハトウガラシ サンショオールと似た特徴をもつ
ジンゲロール ショウガ 抗酸化性、健胃、消化促進、鎮咳などの効果がある

ぜひ参考にしてみてください。

唐辛子には数多くの品種が存在しています。

実際に「鷹の爪と唐辛子は何が違うのですか?」とお問い合わせをいただいたこともあります。

簡単にいうと鷹の爪は唐辛子の品種の一つです。
唐辛子はその中での品種が数多くあります。

一例を挙げてみますと…

鷹の爪、熊鷹、能鷹、三鷹、黒獅子、万願寺、葵獅子、鷹峯、華厳、立八房、黄辛、伏見辛、八つ房、
だるま、神楽南蛮、本鷹、細八房、カイエン、ハバネロ、ハラペーニョ、セラーノ、プリッキーヌなど、

まだまだ多くの品種があります。

現在では、日本種を中国で品種改良した物や、韓国種を中国で栽培することなど様々です。

品種が一緒でも土壌によって、味、色、辛みなども多少変わってきますし、
豊作や不作で毎年違いが出てくるなど、面白くそして難い所だといえます。

世界一辛い唐辛子とは、オーストラリアで開発された「Trinidad Scorpion Butch T」と言う新種の唐辛子です。

唐辛子の辛さはスコヴィル値で測るのですが、この新種のスコヴィル値は146万3700であるとの事で、
これは、今までの世界記録である唐辛子の138万2118を超え世界一です。

開発者によると、「新種がどれくらい辛いかといえば手袋と保護眼鏡を装着しなければ扱えない」ほどだそうです。

うっかり手袋をつけないで触った日には、2日間は手が燃えるようにカッカするらしいです。
面白いですが、食べれる唐辛子ではなさそうです。

キムチ用唐辛子粉のおすすめについて説明したいと思います。

一般的に唐辛子粉は中国産・韓国産がポピュラーだと言われています。
辛さの順番で並べると、中国産・韓国産の並びで辛いと言われています。
その中で、キムチに使用して美味しいと言われるのは韓国産が多いように思われます。

しかし、人の好みは様々な為、言いきる事は出来ません。
美味しいといわれる人気のキムチは数種類の唐辛子粉をブレンドし作られていると
言っても過言ではありません。

甘味が有りコクのある韓国種と、辛みが強い中国種での配合で、その店独特のキムチを表現されています。

唐辛子粉にも粗いと細かいがあります。

一般的には中粗と呼ばれる粉を使用するケースが多いのですが、
こちらもいいきれることが出来なく、ブレンドする事で様々な味の表現が可能となります。

現在、一番美味しいと呼ばれるキムチも数年後には誰かが違うキムチで
一番の評判を得てるかも知れません。

唐辛子の効果は皆さんある程度想像できるかたもいらっしゃるとおもいます。
そうです、熱くなれるのです。ではなぜ体が熱くなるのかご存知ですか?

これは、唐辛子の成分である、カプサイシンの効果であります。

効能の詳細を例に挙げますと…
血行促進、食欲の増進、冷え性の改善、肥満防止など様々な効果があるといわれています。
最近では抜け毛や薄毛にも効くなど新しい効能も発見されています。

ここで今までの食事を振り返ってみてください。
辛い食べ物を食べると体が温まり、食欲が出てきた…なんてことがありませんか?
それが唐辛子がもっている効果なのです。

これからの食生活に唐辛子を組み込むことも非常に有効で、元気の源になってくれるのではないでしょうか。